CV:松岡禎丞

アレス

アスタマレア王国

プロフィール

前線から遠く離れた王国の辺境で狩人として暮らしており、戦争とは無縁だったが、出会った聖女から自身が救世主だということを知らされる。
聖剣を用いて戦うが、戦闘訓練は受けておらず、まだまだ聖剣の能力任せで扱いは未熟。

狩人であったため弓や短剣の扱いは手慣れている。

人当たりが良く、自然と周囲の人を惹きつけるカリスマ性を持つ。